詳しい基準
(耐震改修)

5. 耐震改修

旧耐震基準(昭和56年5月31日以前)により建築された住宅を、
現行の耐震基準に適合させる工事を言います。

現行の耐震基準とは

  1. 建築基準法施行令第3章及び第5章の4に規定する基準
  2. 耐震改修促進法に基づく「地震に対する安全上耐震関係規定に準ずるものとして国土交通大臣が定める基準」(平成18年国土交通省告示第185号)

耐震改修証明書類

発行者

次世代住宅ポイント制度用
耐震改修証明書

建築士

増改築等工事証明書の写し
耐震改修工事を含むものに限る​

建築士、指定確認検査機関、登録住宅性能評価機関、住宅瑕疵担保責任保険法人

住宅耐震改修証明書の写し

地方公共団体

ページの先頭へ戻る