詳しい基準
(インスペクションの実施)

7. インスペクションの実施

以下の全てに該当するインスペクションが対象。

  • 既存住宅状況調査技術者講習を修了した建築士が、既存住宅状況調査方法基準に従って行う建物状況調査であること
  • 検査日が2018年12月21日(閣議決定日)以降であること
  • ポイント発行申請者が費用負担していること
  • 共同住宅の場合は、住戸型のインスペクションであること

調査対象とする住戸を特定し、調査範囲を、建物の外周、当該住戸に至る経路上及び当該住戸から点検できる範囲の共有部分、当該住戸の専有部分とするインスペクション

インスペクションを
証明する書類等

インスペクションを実施する手続きは最寄りの建築士会へお問い合わせください。

インスペクション実施証明書類

発行者

次世代住宅ポイント制度用インスペクション実施証明書

建築士(既存住宅状況調査技術者)

建物状況調査の結果の概要

建築士(既存住宅状況調査技術者)

ページの先頭へ戻る