対象となる製品の基準

対象となる製品の基準
(エコ住宅設備の設置)

対象設備

基準

太陽熱利用システム

強制循環式のもので、JIS A4112:2011 に規定する「太陽集熱器」の性能と同等以上の性能を有することが確認できること。(蓄熱槽がある場合は、JIS A4113 に規定する太陽蓄熱槽と同等以上の性能を有することが確認できること。)

節水型トイレ

JIS A5207:2011 に規定する「タンク式節水Ⅱ形大便器」または「洗浄弁式節水Ⅱ型大便器」、もしくは、JIS A5207:2014 に規定する「タンク式節水Ⅱ形大便器」または「専用洗浄弁式節水Ⅱ型大便器」と同等以上の性能を有すること。

高断熱浴槽

JIS A5532 に規定する「高断熱浴槽」と同等以上の性能を有すること。

高効率給湯機

電気ヒートポンプ給湯機(エコキュート)

JIS C9220 に基づく年間給湯保温効率、または年間給湯効率が3.0以上(ただし寒冷地仕様は2.7 以上)であること。

潜熱回収型ガス給湯機(エコジョーズ)

給湯部熱効率が94%以上であること。

潜熱回収型石油給湯機(エコフィール)

連続給湯効率が94%以上であること。

ヒートポンプ・ガス瞬間式併用型給湯機(ハイブリッド給湯機)

熱源設備は電気式ヒートポンプと潜熱回収型ガス機器と併用するシステムで、貯湯タンクを持つものであり、電気ヒートポンプの効率が中間期(電気ヒートポンプのJIS 基準に定める中間期)のCOPが4.7 以上かつ、ガス機器の給湯部熱効率が94%以上であること

節湯水栓

JIS B2061:2017 に規定する「節湯形」の水栓と同等以上の機能を有すること。

ページの先頭へ戻る