事務局が行う現地調査について

次世代住宅ポイント事務局(以下「事務局」という。)は、本事業の適正な実施を図るため、申請頂いた住宅に対する現地調査を行う場合があります。
申請者、代理申請者および契約事業者(総称して、以下「申請者等」という。)は、ポイント発行申請時の同意事項に基づき、本調査にご協力をいただきます。
なお、工事内容を確認するため、住宅内への立ち入りをお願いする場合があります。
ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

各申請書の同意事項第4条第2項「事務局等が行う調査等」参照

調査対象

次世代住宅ポイントの申請を頂いた住宅(予約申請を含む)の中から抽出します。

調査方法

  • 事務局から調査対象住宅の申請者等に電話でご連絡し、日程等の調整を行います。
  • 調整させて頂いた日時に調査員(事務局の担当者)がお伺いします。
  • 調査員は、ご提出頂いた申請書類に基づき、申請箇所の確認および写真撮影などを行います。通常約30分程度で終了します。

なお、調査にご協力いただけなかった場合や、調査によって、ポイント発行対象工事が確認できない場合、提出された申請を無効とし発行済みのポイントの取り消しを行います。既に商品に交換している場合、交換済のポイントについて、1ポイント=1円の現金を返還していただきます。(加算金が付加される場合もがあります。)

規約その他」のページより申請書の同意事項がご確認いただけます。詳細はそちらをご確認ください。

不審な電話や詐欺行為には十分ご注意ください!

  • 事務局から電話でご連絡する際は、提出頂いた申請書類を基に、申請者等本人宛にご連絡を行い申請内容を確認することを原則としております。
  • 担当調査員が決定し次第、事前に氏名を申請者等に告知します。
  • 調査員が、事前の連絡なしに申請者等および調査対象住宅へお伺いすることはありません。
  • 調査員は、必ず事務局の身分証明書を携帯し、申請者に提示した後に調査を開始します。
  • 調査員が金融機関の口座情報の聞き取りを行ったり、申請の手数料を求めたりすることはありません。また、現地調査中に、発行されたポイントの返還や現金の授受を求めることはありません。
  • 不審な点があれば、速やかに事務局へご連絡ください。
ページの先頭へ戻る