災害等やむを得ない場合の
建築着工/工事着手時期等について
【既にポイント発行申請済の場合】

既にポイント発行申請済の場合で、災害等やむを得ない理由により、令和元年度内に着工(着手)が困難な場合、または当初の期限内に完了報告を行うことが困難な場合は、以下の手続きが必要となります。

手続きの方法について

令和2年7月上旬に『次世代住宅ポイント 完了報告期限のお知らせ』を完了報告(予定)者にお送りします。
付属の『期限内工事困難申告ハガキ』(以下、「申告ハガキ」という)に必要事項を記入の上、事務局所定の私書箱に返送してください。

申告ハガキの送付前に工事が完了し、完了報告が可能な場合も、申告ハガキを提出後に完了報告を行ってください。

(表) 期限内工事困難申告ハガキ 表
(裏) 期限内工事困難申告ハガキ 裏

対象となる申請

建築着工/工事着手を令和元年度内に行うことが困難な場合

  • 建築着工/工事着手を令和2年6月30日までに行ったもの

完了報告を当初の期限までに行うことが困難な場合

  • 災害等やむを得ない場合の完了報告期限までに完了報告を行うことができるもの

返送期限
(当初の完了
報告期限)

新築

戸建住宅

共同住宅等
階数10以下

共同住宅等
階数11以上

リフォーム

戸建住宅および
共同住宅耐震改修無

共同住宅等耐震改修有
階数10以下

共同住宅等耐震改修有
階数11以上

期限

令和2年9月30日

令和3年3月31日

令和3年9月30日

返送先

後日公表

申告ハガキを受理後、事務局より完了報告者宛に『申告ハガキ受付通知』を送付します。
完了報告書類が揃い次第、必ず同封の返信用封筒に入れて、郵送で完了報告を行ってください。
(ポイント発行申請を受付窓口に提出した場合でも、完了報告は郵送で行ってください)

手続きの流れ

図を左右にスクロールできます

本手続きを行った場合の完了報告期限はこちら

ページの先頭へ戻る